タイ旅行情報

タイで深刻化する洪水被害に対し、被災者救援のための募金受付がはじまっています。
今度は我々が行動を起こす番ですね。

在京タイ王国大使館
直接持ち込み、現金書留、口座振込
タイ王国大阪総領事館
現金書留
楽天銀行クラッチ募金
口座振込
Information for flood donation - Bangkok Post
タイ国内募金受付先リスト

今なお避難生活を送る被災地の子供たちに元気になってほしいという願いから「被災地の子どもたちに夏休みを!」プロジェクトが発足し、タイ大使館の後援のもとタイ旅行をプレゼントしようという企画が進められています。

現在、協賛していただける企業や個人の方から、さまざまな提供や寄付を募っております。少しでも関心をもたれた方はぜひ下記サイトをご覧になって頂けると幸いです。よろしくお願い致します。

タイ国際航空(TG)は冬期スジュール(2010年10月31日~2011年3月26日)で羽田空港への新規乗り入れ及び名古屋、福岡線を増便することを発表しました。

これにより、名古屋(中部国際空港セントレア)-バンコク間は現在の週7便から週10便に、福岡-バンコク間は現在週5便から週7便になります。

フライトスケジュールなど詳細は下記よりどうぞ。

タイ料理の中で特に日本人に人気があるメニュー5品の作り方を解説したレシピ冊子をタイ国政府貿易センター福岡が作成しました。

メニューはヤムウンセン(春雨のスパイシーサラダ)、ケーンキヨウワーン(鶏肉と竹の子のグリーンカレー)、パッタイ(タイ風焼きそば)、トムヤムクン、マンゴープリンです。

下記よりどうぞ。

日本政府は、現在のタイの治安情勢が回復に向かいつつあることを踏まえて、バンコクの「危険情報」を現在の『渡航の是非を検討して下さい』から1レベル引き下げ『十分注意して下さい』に変更しました。

詳細につきましては下記外務省ホームページをご確認下さい

日本政府は、現在のタイの治安情勢が回復に向かいつつあることを踏まえて、バンコクの「危険情報」を現在の『渡航の延期をお勧めします』から1レベル引き下げ『渡航の是非を検討して下さい』に変更することとしました。

また、バンコク都及び23県に対し発令された非常事態宣言が、未だ解除されない現状を踏まえ、非常事態宣言対象23県については、『十分注意して下さい』の「危険情報」を継続することとしました。

「危険情報(十分注意して下さい)」の対象となっている県
ノンタブリー県、サムットプラカーン県、パトゥムタニー県ナコンパトム県、アユタヤ県、チョンブリー県、チェンマイ県、 チェンライ県、ランパーン県、ナコンサワン県、ナーン県、コンケン県、ウドンタニ県、チャイヤプーム県、 ナコンラチャシーマー県、シーサケート県(プレアビヒア寺院周辺を除く)、ウボンラーチャータニー県、マーハーサーラカーム県、サコンナコーン県、ローイエット県、ノーンブアランプー県、ムクダハン県、ガラシン県

バンコク及び非常事態対象23県については、治安情勢は回復に向かいつつありますが、当該対象地域に渡航される場合には、報道等から最新情報を入手し、不測の事態に巻き込まれないよう引き続き十分な注意を払って下さい。

あまりに醜い事が続いているので平和なバンコクの美しい映像をどうぞ。

BANGKOK - CRUISE 2010

パタヤバージョンもあります。

毎回魅力的なアジア各都市のトピックスを取り上げているCNNGoで「40 Thai foods we can't live without」(これ無しではいられない!タイ料理40)という記事が掲載されていたので紹介します。

1、トム・ヤム・クン(エビ入りスパイシースープ)
2、ケーン・ソム・パック・ルアム(野菜の酸味スープ)
3、ケーン・キヨウ・ワーン(グリーンカレー)
4、パナン・カイ(ドライチキンカレー)
5、ケーン・マッサマン(イスラム風カレー)
6、カイ・パット・ポンカリー(玉子のカレー風味炒め)
7、ケーン・チュート(あっさり風味スープ)
8、チム・チュム(イサーン風鍋)
9、カーオ・ナー・ペット(煮込みアヒル肉のせご飯)
10、カイ・チヨウ・ムー・サップ(ひき肉入りタイ風オムレツ)

屋台や家庭でも定番のメニューから比較的ディープなものまで多彩な料理がピックアップされています。11位以下は下記よりどうぞ。

タイの地元新聞を読む
更新頻度が高いです。ツイッターでも情報発信をされています。
在タイ日本国大使館
タイの安全情報。領事関連情報など。
タイ最新情報
タイ国政府観光庁による現地情報や交通情報など。
#ThaiRedJ - Twitter Search
ツイッターのハッシュタグ #ThaiRedJ。
タイニュース
タイの最新ニュース、写真、動画などを一覧できるサイト。
BTS SkyTrain on Twitter
バンコクのBTS(スカイトレイン)の運行状況など。英語とタイ語のみ。
MRT
バンコクの地下鉄、MRTの運行状況など。英語とタイ語のみ。
Bangkokpost on Twitter
タイの英字新聞、バンコクポストのツイート。
TAN Network
タイにある英語ニュース放送局のツイート。
Dan Rivers
CNNバンコク特派員のダン・リバースによるツイート。

現地報道によると、5月13日18時より、バンコク市内のパヤタイ通り、ペッブリー通り、ウィタユ(ワイヤレス)通り、ラーマ4世通りに囲まれたエリアが閉鎖されているとのことです。

・ラーマ1世通り、ラーマ4通通り、プラトゥーナムからマッカサンまでを含むラーチャプラソン地区を封鎖
・上記エリアにおける携帯電話回線、水、電気を停止
・5月14日は、同地域の官公庁、企業ともに臨時休業
・ラーマ1世通り、ラチャプラソップ通りについても道路封鎖を決定
・BTSは14日、ラーチャプラソン交差点周辺4駅区間の運行を中止

事態の急変に備え、周辺に近づくことを極力避けるようにしてください。

外務省より発令されている下記注意喚起も参照してください。

タイの観光査証料(ビザ申請料金)が一時的に再度免除されることが発表されました。今回の無料期間は2010年5月11日~2011年3月31日までとなっています。

公式アナウンスは下記を参照してください。

デモ活動などのため、旅行者が近づかないよう注意が必要なエリアをマッピングした地図をタイ国政府観光庁(TAT)公式サイトで見ることができます。

危険度に応じて、レッドゾーンとイエローゾーンの2つのレベルが設定されています。

日本政府観光局(JNTO)発表による2010年3月分のタイからの訪日外国人旅行者数(推計値)は2万8,300人(前年同月比17.8%増)でした。

国・地域別では、韓国、中国、台湾、アメリカ、香港次ぐ6番目の訪日外客数となっています。

タイ国政府観光庁より現在のバンコクの現地情報及びバンコク市内の主要ホテルの状況がレポートされています。

バンコクへの旅行を計画されている方はぜひご覧ください。

バンコクにある主要なホテル・サービスアパートを画像付きでエリア別に掲載した地図。宿泊者による口コミや、空室照会・予約も可能。

日本政府は現在のタイの情勢を踏まえ、2010年4月23日にバンコクの「危険情報」を現在の『十分注意して下さい』から1レベル引き上げ『渡航の是非を検討して下さい』に変更しました。

現在バンコクに滞在されている邦人の方は、UDDの占拠地域及びバリケード付近、特にシーロム交差点周辺にはできるだけ近づかないようにして下さい。これら地域の近くに滞在する在留邦人、邦人旅行者については、不測の事態に備え、不要不急の外出は控えて下さい。また、各種集会が行われている地域には近づかないようにして下さい。

また、これら地域以外の外出にあたっても、報道等から最新情報の入手に努め、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

なお、タイにはバンコク以外に以下のとおり危険情報が発出されていますので、ご注意下さい。

 ●ナラティワート県、ヤラー県、パッタニー県及びソンクラー県の一部
  (ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡)
   :『渡航の延期をお勧めします』
 ●ソンクラー県(ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
   :『渡航の是非を検討して下さい』
 ●シーサケート県のカンボジアとの国境付近のプレアビヒア寺院周辺地域
   :『渡航の是非を検討して下さい』

4月7日(水)午後6時過ぎ、アピシット首相はバンコク都他5県に対し「非常事態宣言」を発令しました。

同宣言の適用地域においては「5人以上の集会の禁止」、「報道の検閲」、「交通の規制」、「指定場所への立入禁止」等の実施が可能となります。今後の情勢次第ではさらなる混乱が生じることも予想されますので該当地域への旅行や外出は今まで以上に注意を払う必要があります。

詳細は下記、在バンコク日本大使館公式サイトを参照して下さい。

タイのニュース、旅行情報、画像、動画、ホテル、天気予報、タイ・バーツ為替レート、人気書籍などタイ関連の最新動向が一画面でわかるサイト。

下記よりどうぞ。

今年で設立50周年を迎えたタイ国政府観光庁がタイの魅力あふれる素材を写真で紹介する特別企画『50 Selections』を行っています。

すでにタイへ訪れたたことがある方には新たな発見を、まだ訪れたことのない方にはタイの本来の魅力を発見してみてください!

下記よりどうぞ。

タイ政府は、3月12日(金)~14日(日)に予定されている反独裁民主戦線(UDD)の大規模集会開催に関連し、3月11日(木)~23日(火)までの13日間、バンコク都全域、及び他7 県のUDD移動路上にある一部地域を対象に国内治安維持法を適用することを決定しました。

これを受け、外務省より注意喚起が発令されていますのでお知らせします。詳細は下記よりどうぞ。

1

ホテル予約・検索

カテゴリ別リンク

PARTS